HOME>経営者になるための基礎知識編

ベンツに乗る経営者の実態を考える


豊かさの裏に潜む苦悩とは

ご近所には、豪邸に住みベンツに乗る方がお住みでしょうか。「平日からベンツでゴルフ。どうやったらあのように豊かな生活ができるのだろう?」そうボヤきながら駅まで歩き、込み合う通勤電車に乗り込みます。ところが実は、その経営者は、経済的に、危機的状況に置かれている場合が少なくありません。

一般のサラリーマンには高い収入がない代わりに、大きな借金もありません。日々地道に働き、若干ながら貯金もあります。しかし経営者の場合、豊かに生活しながらも、多大な借金に喘いでいることが少なくないのです。特に現在に見られるような不透明な消費動向の中では、経営者の多くは売上の減少から、資金繰りに日々困窮する方も、決して少なくはないものなのです。

多大な借金の中での豊かな生活

さて、では大きな借金を抱えながらも、彼らが豊かな生活ができるのはなぜでしょうか。

起業当初には、小さなお金を回しているにすぎなかった彼らも、社会的信用を持ち始める頃になると、銀行は次第に融資額を大きくするものです。

経営者は融資資金を用いることで、事業規模を拡大しますが、このことから次第にお金の流れが大きなものへと変化していきます。また、同時に自らの給与額も上げようとすることでしょう。経費は次第にかさみはじめ、固定経費だけでも数百万が毎月消えるようになることさえあります。

しかしそれでも、お金がまわっている間は、なんとかなります。ところが売上が減少し始めると、利益も同時に減少することから、銀行の融資枠も小さくなります。

するとこれまでの資金の回転も不安定なものとなるのです。

さて、このような事態に陥った経営者がとるべき道は一般に3つあります。

経営が不安定となった際の対策

1)企業体を大幅に縮小する

2)売上向上に力を尽くす

3)新たに融資を重ねる

もともと2ができないがために苦しくなるわけですから、本来であれば1を選択し、何とか乗り切ることを考えるべきです。しかし、経営者の多くはそれができません。そこで必死に3を、つまり新たな融資先を模索するのです。つまり、自転車操業です。

一見優雅に生活をしているかのように見える隣人も、そんな状況に陥っている可能性があるわけです。「他人のふりみて・・・」といった言葉があります。ベンツをはじめとしたステイタスよりも、効率的で安定した経営者を目指していただきたいと思います。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


経営者になるための基礎知識編