HOME>成功に向かう行動学編

一流大学へ進学するメリットを考える


高学歴は人生において決して邪魔にならない

子供の頃から「行くなら一流大学に進め」とご両親からいわれて育ったりはしませんでしょうか。もしこれから大学へ進まれるのであれば、受験の1年間は割り切り、必死に勉強し、有名所の大学へと進んでおくことをお勧めします。

一流大学卒となれば、自己のブランドにプラスになるわけですが、実は、それ以外にも多くのメリットを享受することが可能となります。

たとえば、大手企業への道が開かれるかもしれません。実は大手のしかもトップ法人に入社することには非常に多大なメリットが存在するのですが、それは別の機会に譲るとして、これ以外にも、入社後の学閥などをうまく利用し、地位をあげていくことも可能となります。

また、中年以降になられた際には、大学の同期生が、さまざまな業界において力を持つようになるとから、簡単なやりとりで、多大なお金を動かすことができる場合もあります。つまり、一流大学を出るということは、他の優れた人間とのコミュニケーションを作り、それを生涯維持することができるメリットがあり、これが大きな力となる場合が少なくないのです。

ですから、どうせ行くのであれば、旧帝大レベルか、もしくは早稲田、慶応などの有名大学をターゲットとされておくと良いと思われます。輝く学歴は今後の人生において、数々の利用価値がありますが、決して邪魔にはならないはずだからです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


成功に向かう行動学編