HOME>サラリーマンの成功法編

会社はあなたの味方ではないことを認識する


状況変化により労働者の立ち位置に生じた変化

昭和の時代、高度経済成長期において、人材確保は、会社にとって重要な運営要素のひとつでした。ビジネスは常に拡大させる必要がありましたし、それに伴い、多くの人材を雇用する必要が生じていたからです。ですから、定年までの雇用を前提とした終身雇用が日本では一般的だったのです。

よって会社員となってこつこつと日々仕事をしていれば、定年まで他のことは考える必要がなく、また、定年後は年金による老後の生活も保証されるといった一生が用意されていたのです。

しかし現在は、大きく事情が異なってきています。

一産業30年説という神話は崩壊し、ビジネスモデルは日々新たなものへと変化させ続けなければ、シェアを維持できなくなってきています。このため、一つの業態で社員を増やすことはリスキーであり、よって中核部分のみを社員で構成し、他の業務はアウトソースかもしくは派遣や契約社員に発注するという構図が一般化してきているのです。

また、正社員とて安心はできません。いつ会社が倒産するかもわかりませんし、市場が突然縮小傾向へと移行し、リストラにあうかもしれないからです。よって、現在の会社は味方などではなく、労働者の人生を、生涯に渡って保証してくれるものではないわけです。

労働者がリスキーな状態を回避するふたつの方法

さて、このような状況下において、労働者は如何にしてリスキーな状態を回避すべきでしょうか。これには、大別してふたつの道があります。

まず第一に、企業にとって不可欠な存在になることです。数々の業績向上に貢献するとともに、多くの部下をまとめあげる立場になれば、自ずと企業の中枢に身を置くこととなります。すると、自らが切られるリスクを低減することができます。

第二には、その会社で雇用されながらも、次の一手についての準備をしっかりと行っていくことです。そうすることで、突然の解雇や倒産などに遭遇しても、それを好機として逆に活かすことができるようになるはずです。

40代半ばまでまじめに会社に貢献してきたのにもかかわらず、突然のリストラ。中小企業だったためにさしたる退職金も支給されず、さりとてこれといったキャリアもないため、次の就職先がなく、頭を抱える人を多く目にしてきています。子供たちが最もお金を必要とする時期でもあり、心底困り果てることになります。

あなたはそんな苦悩を味わうべきではありません。しかしそれには、今からでも、準備を開始することが必要です。どうか、このまま上昇気流に乗り、いちはやく成功を手にしていただければと思います。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


サラリーマンの成功法編