HOME>成功哲学の基礎知識編

資本主義社会を生き抜いて成功する方法


競争原理が機能する資本主義社会

私たち日本人は、資本主義社会の中で生きています。資本主義がなんであるかは、経済のお勉強に譲りますが、資本主義社会においては、必ず競争原理が機能します。

つまり勝者と敗者が、あらゆる市場や業態において存在することとなります。敗者は淘汰されますが、勝者もまた努力を怠れば、同業他社に食われるという、ジャングルなどの生態系バランスをそのままに、市場では日々過酷な争いが繰り広げられているのです。

さて、そんな過酷な社会において、皆さんはどのように生き抜いていけばよいのでしょうか。資本主義社会は、市場経済であり、あらゆる市場に発生する需要と供給の均衡をとるべく、相場が常に変動することになります。

たとえば、需要が供給を大きく上回る市場においては、商品が不足することから、相場は上昇傾向を一時的にとります。ところがこの需要に対応しようと多くの企業が商品を市場に投入しようとすることから、通常は次第に需要と供給は均衡をとることが可能となり、相場も次第に安定を取り戻します。一方、供給が需要を大きく上回るようになると、商品がダブつき、また企業は過剰在庫を抱えることとなることから相場は下落傾向となります。

市場性を注視し需要を味方につける

私たちが資本主義社会において生き抜いていくためには、常にこの市場性に注目し続ける必要があります。そしてその市場動向に対応した立ち回りをすることで、成功を得る確率をあげることが可能となります。

たとえば需要が供給を大幅に上回る場合には、供給側にまわるか、もしくは需要と供給の中間流通部に身を置くことで高い利益をあげることが可能となります。また、それとは逆に供給が需要を大幅に上回る場合には、供給側が困っているわけですから、供給する側がいかに需要に対応できるか、もしくは適切な需要市場を提供することにより、利益をあげることができるでしょう。

このように常に需要と供給のバランスが変動する市場に目を向け、困っている側になんらかのサービスを展開することで、常に不均衡な状態を均一に戻すような動きをとることで、常に利益をあげることができるようになるのです。

現在の市場は非常に短命ですから、需要と供給のバランスは小刻みに変動することでしょう。しかしその都度発生する不均衡を均衡状態へと戻す部分において、必ず新たなニーズ、つまり儲かるビジネスモデルが発生するものです。

市場性を注視し、常にその市場のニーズに対応するサービスを行えば、資本主義社会たる日本、もしくは地球規模の市場においても、十分に大きな成功をてにすることが可能となるのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


成功哲学の基礎知識編