HOME>成功に向かう行動学編

仕事や勉強の効率を最大限に上げる方法


多くの人が抱える自らの効率の低さ

学生の場合は勉強が、社会人の場合は仕事の効率が遅いのが悩みという方は決して少なくはありません。日々真面目にやっているつもりなのに、周りからは仕事や勉強のペースが遅いといわれたり、同じ時間を仕事にさいているものの、成果が周りと比べてきわめて少ないと頭を抱えます。

さて、それはなぜなのでしょうか。能力が他の人間に比べて著しく劣っているのでしょうか。

確かに世の中には非常に頭の良い人間は存在します。しかし、多くの場合、能力にさしたる差を持ちません。つまり高い確率で他者に劣ってなどいないのです。

ではなぜ、優れた人間に比べて仕事や勉強の進捗度が遅くなるのでしょうか。

優れた人間の仕事や勉強の進捗度が早い訳

この原因は、作業効率にあるはずです。同様の能力であったとしても、処理の仕方によって作業効率は何倍にもなることを、まず理解する必要があります。作業効率を上げるのに最も簡単な方法として、処理すべき作業に、必ずタイムリミットを設定することがあげられます。

「3日後というタイムリミットは決まっているんですが、やはり仕事が遅いためそれに間に合わないんです」

こんな声も聞こえてきそうです。このような方は、3日後にとらわれるものの、3日後に完了すべき仕事の詳細についてのタイムリミットを決定していない場合が少なくありません。3日後に完了すべき作業を詳細に解析すると、そこにはいくつものフェーズが存在するはずです。また、詳細フェーズには、さらにいくつかの項目に分類できるかもしれません。

このすべてを洗い出し、そのすべてにタイムリミットを設定します。当然、フェーズによっては今日の10時までに完了すべきものもあるでしょうし、明日の12時、明後日の15時といった完了すべきフェーズもあるでしょう。

そしてそのすべてが完了するのが3日後というように、詳細フェーズに対してすべてタイムリミットを設定し、それをノートなどに書き留めてしまえば、3日後には計画通り処理が完了するはずなのです。

あとは3日後よりも、むしろ個々のフェーズについて常に時間を確認しつつ集中して作業にあたります。詳細フェーズごとに行程を自己管理すれば、これまでの数倍の効率で作業を完了することができるようになるはずです。

そしてその積み重ねこそが、人生の成功を早めることにもつながっていくものなのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


成功に向かう行動学編