HOME>成功哲学の基礎知識編

人生における10年単位の計画をたてよう


まずは10年単位の計画を立てる

一口に「人生の成功」といわれても、漠然としていてイメージをしにくいと思われる方は少なくないことでしょう。漠然とした夢は、寝てみる夢と同様に、いつしか忘れ去ってしまうものです。よってそんな夢を抱いていたとしても、夢に向かって歩むことはできません。

しかし、あまりに細かい計画をその度にたてたとしても、全体をイメージしにくく計画倒れになるのがオチです。そこで、自分なりの10年単位の計画を立てることをおすすめします。

たとえば、現在20歳であるのなら、30、40、50、60、70、80代においてどのようになっていたいのかの計画を立てることができるはずです。そしてこれを、生涯忘れることのないように、日記などに明確に記録しておきます。日記であればたびたび読み返すことから、達成度を確認することができるからです。

10年単位の計画から詳細の計画を決めていく

さて、お話はここでは終わりません。次に、直近10年後の達成の為の詳細計画を立てます。1、2、3、5、7、10年と切ってもよいですし、10年前の計画をすべて年毎に立ててもかまいません。それが完了したなら、1年後に達成すべき計画をクリアするための毎月の計画を立てます。この程度までディティールが見えてくると、今月着手すべき事が見えるはずです。そしてそれが見えたなら、今、始めるべき事もわかることでしょう。

さあ、歩き出しましょう。簡単なのです。あとは日々努力を積み重ねればよいだけです。これだけで、計画通り、最高の人生を手に入れることに成功するはずです。

なお、「私はもう50歳なので遅すぎる」といわれる方も少なからずいそうです。しかし遅すぎることなど決してありません。まず、60歳の到達点を考えます。つまり定年を迎えた際、どうなっていたいかです。

「年金が少ないのでそれを補填する副収入がほしい」

ご立派な計画です。次にこれを実現するディティールを考え、今、実行に移せばよいのです。10年あるのです。起業しそれを上場させる人間さえいます。副収入を具現化することなど10年あれば十分すぎるほどです。あとは詳細なタイムチャートと進捗管理です。これさえ怠らなければ、老後はとても豊かですばらしいものとなるに違いありません。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


成功哲学の基礎知識編