HOME>サラリーマンの成功法編

中小零細企業に就職したあなたの戦略とは


中小零細企業で這い上がるには

仮にサラリーマンとして大成するのであれば、大企業に就職することが望ましいといえます。企業の持つブランドや資金力が、十分な力を発揮するものだからです。しかし、就職先が中小零細企業であったとしても、大成できないわけでは決してありません。中小零細企業の場合、昇進速度も早いうえ、自分の裁量によってその企業を動かすことさえできる場合があります。

しかしこれにはちょっとしたコツが不可欠です。これを理解することにより、未来はより明るいものとなるはずです。

中小零細企業の場合、経営のトップと交流を持つことが容易です。このため、頭角を現すと、それは直接トップの評価となる場合が少なくありません。また、中小零細企業の場合、大手よりも優秀な人材を確保するのが難しいことから、頭角を現すことのできる確率を上げることができるという大きなメリットがあります。

さて、中小零細企業に入社したならば、とにかくは必死になって数年を過ごしていただきたいと思います。そうすることで、必ずその影響は企業自体の業績にも現れることでしょう。また、規模の小さい企業の場合、短期間において、営業、経理、企画、人事など多くの部署を経験できる機会をえるかもしれません。このため、後に独立を考えられているのであれば、むしろ小規模な企業においてのスキルアップは有効となるものです。

中小零細企業で必死に働くことの意味

必死に頑張って数年もたつと、会社内において、トップとの密接な交流を持つこともできるようになっているはずです。また、業務の幅も広範囲に広がっていることが予想されるため、タイミングさえ合致すれば、そのすべてを見る立場として、管理を任されるようになることでしょう。

よってこの頃になると、常に経営者と打ち合わせを持ちながら日々活動するようになり、それはつまり、企業経営を自らのリスクをとることなく行う立場を手に入れることになります。

そんな人材は、小規模企業にはあまりいないことから、非常に手厚い待遇をえられることになることでしょう。つまり、大手企業よりもより短期間で、サラリーマンとしての成功を手にすることができるうえ、今後の展開によっては、経営者として独立する準備さえも行うことができるということになるわけです。

ただし、当初数年、ある程度の成功を手にするまでは、とにかく必死に、そして前向きに仕事に取り組んでいただきたく思います。それは企業のためでもありますが、それ以前にご自身の未来を明るくするための、強力なスキルアップにつながるものだからです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


サラリーマンの成功法編