HOME>成功に向かう行動学編

朝出社するまでの通勤途中に考えておくこと


ToDoリストの処理すべき優先順位を決定する

仕事ができるといわれるビジネスマンは、手帳を上手に使っています。手帳には、長中短期のそれぞれのToDoリストが達成日時とともに詳細に書き込まれているはずです。ToDoリストの作成方法については、別の機会にご紹介するものとして、当日のToDOリストが記されていれば、出社するまでの通勤時間の間に、しておくべきことがあります。

それは、今日1日を、ToDoリストを元にシミュレーションし、予めイメージしておくことです。この作業は慣れれば電車に揺られながらでも短時間で行うことができます。また、1日をイメージできれば、ToDoリストの中の処理すべき優先順位を、その際に決定することもできるはずです。

毎朝のちょっとしたイメージングで効率が格段に向上する

多くの場合、優先順位は、難解と思われるものを上位に配置し、処理を始めることになろうかと思います。難解な仕事は、午前中に処理した方が、短い時間で処理できる可能性が高いためです。このような1日のイメージを、会社に到着するまでの間に行っておくことで、出社直後から効果的に作業を進めることができるようになります。

また、イメージによって処理を阻害するような事象もあらかじめ考慮することが可能です。すると、その事象を回避すべき用件も、事前に処理することができることから、残業時間を減少させたり、あいた時間に、これまでできなかった作業を組み込むことさえ可能となるのです。

会社に到着するまでの間の1日のイメージングは、癖になればなんの苦もなく実践することが可能です。

「最近は見違えるほど、仕事ができるようになったな」

上司からこのように評価されるのも、単に当日のイメージングを行うだけで、実現することができることでしょう。高い優位性を発揮できる簡単な方法です。是非実践してみていただきたく思います。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


成功に向かう行動学編