HOME>成功への効果的思考法編

悩むという癖を捨てることで人生を変えることができる理由


悩み癖は貧困を招くこともある

周囲を見ていると、常に悩んでは頭を抱えている方がいらっしゃるものです。確かに長く生きていると、様々な問題に遭遇するものです。また、中には問題がない場合でも、何か起きるのではないかと不安にかられ続ける人もいます。

悩むことが好きなのであれば、それはそれかもしれません。しかし常に暗い表情では、コミュニケーションを円滑に図ることも難しくなるはずです。また、人とのコミュニケーションがとれない場合、貧困を招いてしまうこともあるものです。

ビジネスとは、そのほとんどが顧客やクライアントなどの相手が必要となるものです。また、サラリーマンの場合は、勤め先において上司や同僚、部下との円滑な交流が不可欠であるはずです。よってコミュニケーションを円滑に図ることができないと、仕事が減少したり、最悪の場合職を失うことさえあるものなのです。

よって、あれこれと悩むことは、貧困への第一歩でもあるわけです。

「問題があるのだから、悩むのは当然の事なのでは」

確かに問題に遭遇した際、悩むことは誰にでもあるものです。

しかし、自らの人生を成功へと導く人は、悩むという行為の捉え方が、敗者となる人のそれとは少しだけ異なるものです。

では、勝者と敗者の悩みについての捉え方には、どのような相違があるものなのでしょうか。

悩み癖を捨てるための効果的ステップ

悩み癖がついてしまっている人は、様々なことをネガティブに捉える傾向にあります。そもそもまだ起きていないことについて、マイナスの展開を考えては頭を抱えてしまうわけです。

「今後のリスクを想定しておくことは必要なのでは」

確かに今後発生しうるリスクを想定することはとても重要なことです。しかしリスクを想定することと悩むことは大きく異なるものです。

悩むことは、ネガティブな考えを持つことに終始します。「もし、こんなことになったらどうしよう」「もし、あんなことが起きたらイヤだな」と悩むわけです。

しかしこれらの持つ問題は、想定はするものの、計画的なリスクヘッジやリスク回避策にまで考えが及んでいない点にあります。

今後のリスクを想定することは重要です。しかしリスクを想定したのであれば、まずはそのリスクを回避する方法をしっかりと考え、その準備を今すぐに始めることが重要となるはずです。しかし、悩み癖のある方の多くは、この部分にまで考えが及ぶことがありません。つまり、考えることのみで、行動が伴っていないのです。

悩むこと自体は、時に応じてであれば悪いことではありません。しかし、悩むことはネガティブな考えが基点になる傾向があるために、その後の行動を阻害するものともいえます。

行動がなければ、事態はよい方向へと向かってはいきません。

さて、では悩み癖がついてしまっている方が、今後人生を成功へと導くためには、どのような発想の転換が必要でしょうか。もっともシンプルな策は悩み癖を捨てることですが、言うは易しであるものの、人はそう簡単には変わらないものです。

そこで、今後もし悩んだのであれば、そのことをノートなどに記載していただきたく思います。「不幸だ」「金がない」「人間関係に問題がある」どのようなことでもかまいません。多くの悩みを書き込むことができるかもしれません。

悩み事を書き出したら、次にそれを回避する方法をじっくりと考えて書き出していきます。どのような小さなことでもかまいません。また、大きなことでもかまいませんが、大きなことを書いた場合には、次にそれを具現化するための小さなことについてまでの落とし込みをします。

つまり、悩みについては、それを解決するために今日からでも自分で対応することができる何らかの項目を書き出すようにするわけです。さて、ここまで完了したのであれば、小さなことでもよいので、悩みを解消するための行動を起こしましょう。

悩みは、それだけでは事態改善には繋がりません。しかし、その悩みを解消するための小さな取組みを今日から始め、日々続けることができれば、それだけであなたの人生は大きく変わっていくものなのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


成功への効果的思考法編