HOME>スキルアップのための知識編

変動する自己の価格をしっかりと認識する重要性


自己の価値は時とともに大幅に変化していく

人の価値は、数値で表すことはできませんが、もし仮に、自分に値段をつけるとしたら、いくらになるでしょうか。

端的な値段については、簡単に答を得ることが可能です。答は個人の年収であるからです。つまり年収が1千万であれば、価値は1千万であり、年収が200万であれば、価値は200万でしかないと言うことになるわけです。

さて、この値段は、年々変動します。つまり年収は、年々変動することになるからです。

仮に年収が現在300万だとして、その額は年々向上して行くものと当たり前のように思われてはいないでしょうか。

確かに上場企業に勤務されていたり、公務員である場合には、年々少しずつでも年収は上がり続けるかもしれません(最近はかなり厳しい状態ではありますが)。しかし多くの場合は、いずれ昇進がなくなるのみならず、減給に次ぐ減給を余儀なくされることさえあるのです。

また、転職を余儀なくされると、大きく年収が減るリスクがあります。実際、年収900万円の人間がリストラにあい、やっと手にした再就職先は、年収200万だったという話も、現在では決して珍しいことではなくなりつつあります。

さらには、40代50代を迎えた状態での無計画な転職は悲惨です。このように自己の価値は常に変動し、年齢とともに低下していくこともあるのです。

自己の価値を上げ続けるための戦略とは

さて、このような状況下において、自己の価値を常に高め続けるにはどうしたらよいでしょうか。答は「継続」と「前進」にあろうかと思われます。いち早く自らの得意分野を探し出し、それを地道に継続させることにより、人には真似のできないスキルを身につける必要があります。そしてそのフィールドにおいて、常に前進を続ける意識を持つことが必要です。

たとえばサラリーマンであれば、いち早く自分にとって最適と思われる会社を見つけ、自分の立ち位置を揺るぎないものとするために地道に実績を上げ続けることです。また、常に前進を心がけ、その地位から派生する多くのコミュニケーションやスキルを随時ものにしていくことで、代わりが存在し得ない状況を作り出していくのです。

また、自営業であれば、特定の分野に特化したビジネスモデルを構築し、それを地道に続けるとともに、常に改良を続けることでさらなる前進を続ける必要があります。つまり、ライバルの参入障壁を作り上げることが必要となるわけです。

自分の法人がブランド化するまでは、少なくとも必死に前進をし続けることが重要なポイントとなることでしょう。

さて、人生においてもっともお金のかかる時代とは、40代から50代であるはずです。子供が高校や大学へ通うようになることから、学費に多大な支出が発生するためです。そしてそんな時代に、自分の価値が最低になったなら、その悲惨さはあらためて説明するまでもないでしょう。

そんな悲惨な時代を迎えないためにも、是非ともご自分の価値を落とさぬように、常に意識し、日々生きて行っていただきたく思います。当然のこと、人生の成功者は、この苦境を乗り切るためのさまざまな方法を、自らが意識して生きているはずなのですから。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


スキルアップのための知識編