HOME>成功に向かう行動学編

百聞は一見にしかずの行動学


固定観念のメリットデメリット

固定観念という言葉があります。過去の経験において形成された経験から、文字通り固定的に定着した個人の観念をいいます。固定観念は、さまざまな場面で経験則として機能する一方で、新たな観念を遮断してしまう副作用を持ちます。

たとえば、新たなエリアにおいて自社製品のシェア拡大を計画したとしましょう。しかし、このエリアは、前回シェア拡大に失敗した工業都市と同様の立地や特徴を持っているとします。すると、飛躍的な拡大は無理だろうと、進出を事前に取りやめることが決定されたりします。

しかし同時期に参入したライバル企業が、非常に高い売上とシェア拡大に成功したことを後に知ります。このような場合は、工業都市での売上拡大は難しいといった固定観念が邪魔をした典型例といえます。工業都市であったとしても、データには現れない人間性や市場性に大きな相違があるものです。よって固定観念を持たず、とりあえずは市場参入し、その上で把握できたデータをもってさらなる売り込みをかけるか否かを決定すべきであったわけです。

実際に自らの目で見て体験してみることの必要性

物事は、データのみで判断すべきではなく、一度は自ら体験しその体験から得られた感覚も含めた上で結論を出す必要があります。

「百聞は一見にしかず」

つまり第三者から聞いた多くの情報も、ご自信の目で見ることによって得られた情報には勝てないのです。

今後人生の成功を手にする上で、この点は非常に重要なポイントとなります。固定観念に邪魔されず、まずはその市場や業務などにふれてみる必要があります。そしてその上で得られた結果を十分に解析することで、常に正しい選択をしていただければと思います。

それだけで、成功は短期間に得られることになるはずだからです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

あなたは現在、どのような人生を歩まれていらっしゃるでしょうか。もし今後、大きな成功を収めようと考えられているのであれば、ここでご紹介する数多くの知識や戦略は、必ずあなたのお役に立つことでしょう。人生には、さまざまな出来事が起こります。しかし成功者は、どのような事に遭遇したとしても、結果的に成功を手にするものなのです。成功者が知る知識や、考え方、行動学などを学ぶことで、あなたの成功確率も飛躍的に高まっていくことでしょう。

カテゴリ一覧


成功に向かう行動学編