「ゆっくり行くことを恐れるな」の意味を学ぶ

Sponsored Link

ゆっくり行くことで陥る罠を知る

成功に向けた道は、より早く進むことが望ましいとされています。優位性を持ち、より効率的に、しかもパワフルに突き進むことができれば、多少の問題は、それ自体が避けてくれるようにさえなります。

では、早く進まなければ成功を手にできないかというと、そんなことは決してありません。別の機会でもご紹介していますが、コツコツト積み上げることで、成功を手にされる方も決して少なくはないからです。ですから、ゆっくりといくこと自体を恐れる必要はありません。ただしこの場合、多くの人が陥ってしまう一つの点を考慮しておくことが必要です。

ゆっくりと事を進める場合、そのこと自体をいつしか忘れ去ってしまうことがあります。計画的にコツコツと事をすすめるのであれば問題ないのですが、いつしか歩むことさえもやめてしまい、さらに、記憶からそのこと自体が忘れ去られることさえあります。ですから、ゆっくりと進む場合でも、計画性はしっかりと持ち、決して止まったりやめたりすることのないような自己管理が不可欠なのです。

止まることさえしなければゆっくりは問題ない

こんな言葉があります。

「ゆっくりと行くことを恐れるな。止まることだけを恐れよ」

これは中国の諺のひとつですが、これがまさに、ゆっくりと行くことにおいての注意点を明確に指摘しています。ゆっくりであったとしても、止まることさえしなければ、いずれは成功を手にすることが可能です。しかも、それまでの経験値がプラスされることから、大きな失敗を背負い込むリスクも低減できるかもしれません。

どうか止まることなく、物事に着手していただきたいと思います。ゆっくりであっても、計画通りに着実に進んで行けば、未来は必ず明るいものとなるはずなのですから。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link