「夜明け前がもっとも暗い」に隠された意味とは

Sponsored Link

闇に向かって叫び続けることの辛さとは

人生の成功を手にするために、多くの人が日々努力を積み重ねていきます。しかしいくら努力をしても、成功の切っ掛けさえ見えてきません。これはちょうど、闇の中を手探りで歩いているようなものであり、現在自分がどこにいるのか、どのようにしたら闇から抜け出せるのかなどが情報として得られない状態といえます。

人は、自分が行ったことに対するレスポンスがまったくない場合、それが正しいか否かが判断できず不安になるものです。

ですから、計画半ばであきらめてしまったり、別の方法を模索したりして、結局成功を手にすることができない場合が少なくないのです。

もっとも暗い夜明け前とその後

さて、成功を手にする必要のある方は、それでも前に進まなければりません。そこで、次の言葉を覚えておくことをお勧めします。

それは、「夜明け前がもっとも暗い」というものです。

つまり、努力を続け、闇の中を進む際、これ以上にない苦境に遭遇したり、もうだめだとあきらめるそのポイントこそが、実は夜明け前であり、それを乗り越えることで、成功への切っ掛けをつかむことができるというものです。実際、多く人があきらめる中、常に試行錯誤を続けながらあきらめなかった人が、結果的に成功を手にしています。

ですから、もし最も深い闇にいたのなら、夜明けは近いと信じ、どうぞあきらめることなくさらに進んでいただきたいと思います。

眩いほどの美しい朝日が、じきにきっと降り注ぐはずですから。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link