おカネと時間を両取りするための戦略とは

Sponsored Link

おカネと時間を両取りする方法は存在する

「貧乏暇なし」は、よく使われる言葉です。実際、仕事に追われ日々忙しく過ごしているにもかかわらず、貧乏な生活から抜けきれないでいる人々は少なくありません。それどころか、最近ではワーキングプアという言葉が一般化するなど、このような人生を余儀なくされる人の数は、年々増加傾向にあるようです。

しかしその一方で、お金もあり、また時間も十分にあるという人々も世の中には少なからず存在します。

「どうせ親の遺産なんだろう」

とそんな愚痴でもいってみたくなったりしますが、遺産など何もなくとも、そんな人生を手にされる人々がいます。しかも、ビジネス能力に長けているわけでもなく、地を這うような努力をするわけでもなく、おカネと時間の双方を手にすることに成功する人さえ存在するのです。

もし、そんな人生を手にされたいのであれば、なるべく若いうちから、ちょっとしたことを心がけることをお勧めします。すると、それだけで50代になられた頃には、仕事をすることなく、自由な日々を満喫しつつ、豊かに暮らすという誰もがうらやむ生活を手にすることができることでしょう。

おカネと時間を両取りするための準備とは

「バカな」

いえいえ。誰もがうらやむ生活を手にするのは、実は決して難しいことではありません。ただしこれには、時間を味方につける必要があります。つまり、誰もができるものの、一攫千金という類の話ではありません。

さて、たとえば現在25歳の方が、お金と時間を同時に手に入れるために、やっていただくことは二つです。

まず、計画的な支出を考慮し、月に1万円の貯金をしていただきます。また、これと同時に、投資に関するさまざまな勉強を始めます。

投資については、利回りが高くなれば、それだけリスクも高くなります。しかし、複数の投資先に資金を分散することにより、ある程度のリスクヘッジを行うことが可能です。また、現在ではあらゆる投資先が存在します。このため、投資におけるプロとなるべく、今から勉強を始めていただきたいのです。

夢を実現するために用いる複利のパワー

さて、この場合、資産は毎月1万円ずつ増加し続けます。1年目は12万円でしょうか。このペースで資産を増やしていくのです。すると、50歳を迎える頃に、豊かな資産家としてリタイヤをすることができるはずです。残りの人生は、南の島にでも移り住み、そこでのんびりと過ごせばよいのです。

「月1万なら、25年でも300万にならないではないか。こんな金額でリタイヤできるはずがない」

そんな声が聞こえてきそうです。確かに月1万をそのまま貯金するだけであるならば、25年後にも300万しか手にすることができません。これでは大衆車を1台購入して終わってしまいます。しかし、ここでは先に「時間を味方につける」という点に加え「投資の勉強を始める」という点にふれています。この両者を使うことにより、25年の資産形成は、全く異なるものとなるのです。

これには複利のパワーを用います。

たとえば、投資によって年利率30%の運用を実現できたとします。一方、毎月1万の貯金はそのまま継続するものとします。お話を単純にするために、年単位の複利によって計算をしますが、年利率30%で回し続けることができるならば、資産は25年後において、3.6億円にもなります。

知識と時間を味方につける

年利率30%でまわし続けることは、実際には不可能ですが、複利のパワーをご存じの方は、収入がアップした時点で、毎月の貯蓄額を増加させます。20代の頃には月1万円の貯金がやっとだったとしても、30代には3万円、40代には5万円の貯金ができるようになるかもしれません。すると、膨れ上がる額も加速していきます。

いかがでしょうか。これだけあれば、十分に余生を南の島で暮らせるとは思いませんでしょうか。

実は、資産家の多くは、時間と複利のパワーをよく知っています。そしてこのパワーを最大限に用いることで、一般には想像もできないような膨大な資産を作り上げているのです。

ですから、是非この方法を、人生に取り入れていただきたいと思います。日々の仕事に明け暮れながらも貧困から抜け出せない人生は、ちょっとした知識と、それを実行し続ける継続性により、誰もがうらやむものへと作り替えることができるのです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link