どのような分野でも極めることで得られるものとは

Sponsored Link

ロングテールの概念と極めた知識の重要性

皆さんは趣味をお持ちでしょうか。また、得意とする専攻分野や今なお続けている研究分野はありますでしょうか。どのようなものであれ、単に習ったり学んだという域を越え始めると、さまざまな変化が人生に起こり始めるものです。

例えば「オタク」と呼ばれる人の中にも、アニメに関しては誰にも負けないというツワモノがいたりします。アニメにもカテゴリーは存在するでしょうから、そのひとつでも誰にも負けない知識を持つならば、それは、同様の分野に興味を持つ人間から支持されることになるはずです。

インターネットには、ロングテールという概念が存在します。ロングテールとは、いわば恐竜の長いシッポであり、分野が特化するなら、それだけターゲットとなる人間は減少するものの、ゼロにはならず、文字通り長いシッポのようなグラフを描くことを表しています。

一般的な店舗において、ロングテールのシッポの部分は、在庫が停留することから、ロス率を上げてしまう厄介なものであったわけですが、現在では、ロングテールに視点をあてても、充分なビジネスを展開できる状況になりつつあります。

特化した分野であり、それを求めるユーザ数の比率が低いとはいえ、全世界的なマーケットでの勝負を考えた場合、その数は多大なものとなります。また、特化した分野であることから、参入障壁も高く、少ないライバルでのビジネス展開ができる部分に、高い注目が集まり始めているのです。

成功への架け橋となりうる極めた知識

さて、たとえば「オタク」の方が、ある分野で極めた能力や知識を持っているのであれば、インターネットはそれを充分にビジネスへと結びつける機会を提供することでしょう。よって極めることとは、どのような分野であれ、現在では充分なビジネスとして成立するものなのです。

あなたは、極める分野をお持ちでしょうか。この点を考えておくことも、成功を手にする確率をあげることとなるかもしれません。もし仮に、極められる分野があるのであれば、是非ともそれを成功への掛け橋として役立ててみていただきたいと思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link