まず最初に手にしたい小さな利益とは

Sponsored Link

小さな利益を手にするための副業の展開

ビジネス拡大を図る際、どのような業態に限らす必要となるものに、先行投資のための資金があるといえます。しかし起業当初、多くの場合信用がゼロに近いことから、銀行からの融資を得るのは難しいと考えて間違いはありません。

このため、起業当初は、蓄えた資金を充当することでビジネスを展開していくことになることでしょう。起業には、最低でも6ヶ月程度は利益が上がらないことを前提とした資金が不可欠だといわれます。この間は、必死に動いたとしても、なかなか利益につなげることが難しいからです。

一方、本業で生活基盤を担保した状態で、小さなビジネスをスタートし、徐々に売上を拡大していく方法もあります。この場合、銀行からの融資も必要ありません。また、資金が尽きるまでの間に利益を確保できない場合でも、大きなリスクを背負うことがなく、比較的セイフティに対応を図ることが可能となるはずです。つまり副業の展開です。

副業で得た利益を再投資しビジネスを拡大する

副業であったとしても、できれば利益を捻出できるビジネスモデルを追求することは必要です。小さくとも利益が計上できれば、その利益を再投資することで徐々にビジネスを拡大していくことが可能となるからです。また、利益が拡大できれば、更なる新たな展開を図ることも可能となります。

しかも、利益を再投資することで、ビジネスモデルを拡充することができれば、無借金状態で経営を維持できることになります。このため、金利負担を負うこともありません。

また、売上が減少することで発生しがちな銀行への一括返済リスクも回避することができるはずです。さらには、利益を捻出することのできるノウハウをベースに、フランチャイズを展開することさえ、可能性として考えることができることでしょう

いかなる業態のビジネスモデルであれ、共通して不可欠となるのは、利益を出し続けることといえます。

しかし、最初から大きな利益を上げることは困難であることから、少額であっても利益が捻出できるモデルを追求し、それが可能となった段階で、さらに利益率を上げる方法を追求すると良いでしょう。

当初小さな利益も、再投資を繰り返すとともに、試行錯誤を加えたり、複数のモデルを並行することで、徐々にではありますがビジネスを拡大することが可能です。この場合、金額や利益も徐々に大きく育てることが可能となります。

まずはその第一歩として、小さな利益を追求することからスタートしていただきたく思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link