ランドクルーザーはどこで売れるかに見るビジネス意識

Sponsored Link

視点を変えてみる必要性

今回は、一般的な視点とは異なる方向から物の見方について考えてみたいと思います。

成功を手にされる人の多くは、一般的な視点とは異なる方向から物事を見ることに長けている場合が少なくありません。よって、同様のものの見方のヒントを学ぶことは、今後の成功への歩みにおいて大きなアドバンテージを生み出すことになるでしょう。

今回のタイトルにある「ランドクルーザーはどこで売れるか」は、自動車販売業界に身を置かれていらっしゃる方であれば、すでに答をお持ちであるはずです。

ランドクルーザーは、大型の4輪駆動車であることから、オフロードを走行するのに適しています。このため、市場は地方エリアにありそうですが、実は、ランドクルーザーの多くは、都心部での需要が高いといえます。都心部では道の多くがアスファルトであることから、ランドクルーザーよりも、スポーツカーやセダンなどが適しています。

にもかかわらずランドクルーザーが都心部で売れるのはなぜでしょうか。

意外な部分に隠されている需要

都心部に住む人々は、自然と接する機会が極端に少ないことから、週末を郊外など、アウトドアで過ごしたいという欲求を持っています。

このため、あこがれ対象がオフロードエリアに向けられることになるのです。

都心部で購入されるランドクルーザーの多くは、結局走行距離の多くを都心部で積算することになります。しかしそれでも、ユーザの夢を満たすことから都心部でのランドクルーザーに対するニーズが高いのです。

このように、見方を変えることによって本質が見える場合があります。ところが、これに気づかずにる人が多数であるはずです。このため、見方を変えることで優位性を持ったビジネスモデルの構築が可能となるのです。

今回はあくまでのその一例にすぎません。それでも、見方を変えた、より深い部分について考察することの意味について、脳裏の片隅にご記憶いただければと思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link