サラリーマンが10年先の自分を知る簡単な方法

Sponsored Link

サラリーマンは簡単に未来を見ることができる

あなたがサラリーマンであり、今後も同じ会社で生きていこうと考えられており、しかもまだお若いのであれば、簡単に10年先の自分を見ることが可能です。未来を見るなどと言うと、どことなく占いやスピリチュアルな能力のようですが、実はサラリーマンであれば、そんな能力を必要としなくとも、オフィスを見渡すだけで、5年後、10年後の自分は予想できるものです。

方法は至って簡単です。上司を見ればよいのです。あなたはいずれそのポストに就くことになるでしょう。また、そのつもりはないという方であれば、10歳年上の先輩をみればよいことになります。

仮に、このまま同じ会社に勤務するのであれば、おおよそそれが自分の未来です。実に分かりやすい未来判定です。ただ、「絶対にあんな上司のようになりたくない」とお考えであるならば、今からそうならないためのプランを立て、すぐにても活動を開始すべきです。

自分が上司のような生涯を送りたくないのなら

たとえば、目標とする上司や役員などをターゲットとし、その人間がどのようにして現職に就くことができたのかをしっかりとリサーチします。そして、それを真似るのです。

現在は市場や業態の浮き沈みが激しいため、これまでと同様に立ち回れるかは不確かです。しかし、今後有望なマーケットであるならば、ターゲット以上の業績を叩き出し、そのターゲットをも超える立ち位置へと駆け上がることさえ可能となるかもしれません。

このようにサラリーマンとして、現在の会社で大成するのであれば、その手本や失敗見本は、周囲にいくらでも存在します。それらを十分に研究し、自らのプランに活用されるとよいでしょう。

黒塗りの車で会社に通い、東京を見下ろす自分のオフィス。あてがわれた秘書が業務をサポート、休みは南フランスで家族とバカンス。そんなサラリーマンも存在するものです。

ぜひ、そんなサラリーマンへと成長していただきたく思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link