サラリーマンで成功をしよう

Sponsored Link

そもそもサラリーマンとは

高校もしくは専門学校、大学を卒業して、まず最初になるものは、多くの場合サラリーマンであるはずです。サラリーマンとは、文字通り、会社に入社するとともに毎日出勤し仕事をすることで、その対価としてのサラリーをもらう勤め人のことをいいます。ちなみにサラリーとは給与のことですが、この語源はソルト、つまり塩を意味します。古代ローマ時代、人は労働の対価として塩の支給を受けていたといいます。これが後にお金へと変化していくわけです。

さてここでは、今後実社会に出ていく方や、すでにサラリーマンとして日々働いている方々が成功を収めるためのコツをご紹介したいと思います。

サラリーマンには、通常基本給が存在します。また、残業手当をはじめとする各種手当や厚生年金の会社負担、ボーナスなどを受けるメリットがある反面、あくまでも雇用される立場であることから、支給額は十分なものでないことが少なくありません。

しかし、今後の振る舞いによっては、より給与を上げることもできますし、組織の一員でありながらも、比較的自由に仕事を進めることができるようにもなるはずです。

仮に若い世代であるならば、これからの数年間、とにかく必死に仕事をし、より多くのスキルを身につけていくことをお勧めします。さして給与が高いわけでもないのに、そんなに頑張って何の意味があるのかとの声が聞こえてきそうですが、実はそこにこそ大きな意味が隠されているものなのです。

サラリーマンとして成功するために

たとえば、入社後必死に働き始めると、それから数ヶ月後、いくつかの変化が身の周りに起こり始めます。業績の向上につながり始めたり、新規顧客の拡大の成功、新製品開発の具現化など、職業によって差はあるものの、ご自身を起点とした変化が、必ず発生するものです。

そしてその変化は会社内部においても、徐々にではあるものの影響を及ぼします。たとえば、上司や同僚、部下の中に味方が増えることでしょう。また、それにつれて、まかされる仕事量やその範囲が拡大します。そしてそうなれば、会社からの評価や重要度が高まり始めることになるものです。

さて、それでもさらに必死に働き続けると、ご自身にも大きな変化が現れ始めます。仕事に対する知識やキャリアがつみ上がるとともに、支持者たる人材が増え始めることになるのです。

この状態にまでなれば、社外からも声がかかるかもしれません。「より高い給与を支払うので、うちに来ませんか」といった声が聞こえ始めたりします。社内においても、辞められたら困る人材ですから、給与を始めとする待遇が高くなるはずです。また、昇進する事もきっとあるでしょう。

企業にとって不可欠な人材となるメリット

このように、サラリーマン社会においても、需要と供給のバランスや法則は適用されます。サラリーマンは会社の歯車といわれます。しかし抜けては困る歯車は、多くの場合、大切に扱われます。また、待遇面でも優遇されるものなのです。

ですから、是非ともこれから数年、必死になって働くことをお勧めします。若ければ、パワーや吸収力は、先輩たちに負けることはないでしょう。多少の無理もできるはずです。ですから、なるべく早い段階で必死に働き、より多くのスキルを身につけていただきたいと思います。

あなたの代わりになる人材が、社内に皆無である場合、望む給与を手にすることができるかもしれません。また、小さなことで小言をいわれるような立場にはなりません。

サラリーマンとして成功するには、その業界や企業にとって必要不可欠な存在になることにつきます。この点を頭の片隅に置き、日々必死になって頑張れば、未来は非常に明るいものとなることでしょう。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link