サラリーマンのメリットを最大限に活用する

Sponsored Link

経営者はサラリーマンをこのように見ている

あなたは現在、サラリーマンをされていらっしゃるでしょうか。サラリーマンである自らのお立場をどのように思われるでしょうか。損な立場ですか? それともお得な立場でしょうか。今回はサラリーマンのメリットについてふれてみたいと思います。経営者側から見るならば「サラリーマンは気楽な職業」という答を聞くことができます。

「冗談じゃない」と反論されるかもしれません。では、経営者から見るサラリーマンのメリットとは何でしょうか。よく聞かれる項目を以下にまとめます。

経営者から見るサラリーマンのメリット

1)サボっていても毎月固定的な収入がある

2)オフィスや必要経費備品が用意される

3)企業体の中で仕事が用意される

4)各種保険や手当に守られている

5)ボーナスがある

6)週末は仕事を完全に忘れられる

7)多大な責任を負う必要がない

8)資金繰りに走り回る必要がない

メリットは最大限に活用しておく

いががでしょうか。これはあくまでも経営者側から見たサラリーマンのメリットです。

よってサラリーマンの方からは、多くの反論があろうかと思います。ただし、サラリーマンであった方が今後独立し、起業をされると、必ず上記の点に納得されることになります。

このため、現在サラリーマンであるならば、そのメリットは最大限に活用されることをお勧めしておきます。現在持っている優位性やメリットは、当たり前のものとして認識するため、案外軽視しがちですが、持っているときにこそ最大限に活用すべきなのです。

現在の活用が、後の成功を手助けすることにもなるわけですから。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link