サラリーマンのデメリットを把握し改善を図る

Sponsored Link

以前、サラリーマンであることのメリットについてふれています。今回はサラリーマンであることのデメリットについて考察を進めてみたいと思います。

たとえば、サラリーマンであられる方は、サラリーマンという立場をどのように思われますでしょうか。不満は多くあろうかと思われます。よく耳にする項目をあげてみることにしましょう。

サラリーマン本人がみるサラリーマンのデメリット

1)立場が弱くクビになるリスクがある

2)嫌いな人間とも仕事をする必要がある

3)給与が安く豊かな生活ができない

4)ボーナスに変動がありあてにできない

5)突然の転勤や辞令を拒否できない

6)減給されることがある

7)所詮は会社の歯車であり使い捨てである

8)仕事が単純で面白味に欠ける

など、まだまだ多くの点を挙げることができそうです。

さて、もしサラリーマンとして生涯を過ごすおつもりであるならば、これらひとつひとつの点を改善できないかについて日々考え、改善が可能であればそのための打開策を是非実行されることをお勧めしておきます。

すでに記しているように、サラリーマンには多くのメリットも存在するものです。よってデメリット部分を改善するならば、それだけで豊かな人生を手にすることができるものです。

そしてそれは人生の成功を手にすることにも、つながっていくはずなのです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link