ビジネスで高い評価を得るコツ

Sponsored Link

100点が満点ではないビジネス

学生までは、テストにおいて100点を取ればそれが最上の評価につながったはずです。しかしビジネスにおいては、100点はむしろ当たり前のことであり、これでは生き残っていくことができないことをご存じでしょうか。

たとえばある受注において、いつまでになにをするといった契約を結んだ場合、その期日までに成果物をあげて契約を履行することになります。また、成果物はあくまでも顧客のニーズを完璧に満たしたものでなければクレームとなります。つまり100点は当たり前なのです。

よってビジネスにおいて高い評価を得るためには、120点以上の成果を残す必要があります。そして120点以上の成果を残すには、ひとつのコツが存在します。それは、今後任される仕事をこなす際、必ず顧客のためになるなんらかの付加価値を成果物に加えるというものです。これは小さい仕事から大きな業務まで同様です。

仕事は常に120点を目指そう

たとえば、小さい仕事例として、伝票の整理をまかされたとしましょう。この場合、きれいに伝票が整理されていれば100点ですが、その伝票にインデックスをつけて後に目的の伝票を調べやすいようにまとめておくと、評価が高まるかも知れません。

また、ビジネスの場合には、他社よりも優れた仕事をすることで120点を獲得できるかもしれませんが、その上で、納期よりも早くあげ、しかも価格も他社よりもやすいのであれば、ライバルに差を付けることができるようになるはずです。顧客ニーズを見間違うと逆に減点されてしまうリスクもありますが、十分に顧客を把握していれば、付加価値をつけることはさほど難しくはありません。

ビジネスにおいては、100点をとることは当たり前のことであり、120点以上を目指すことを守り抜くならば、必ず評価は高いものとなり、昇進やビジネス拡大は、意外なほど楽に取得することが可能となることでしょう。是非とも120点を目指して頑張っていただきたく思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link