ビジネスにおける売ることと買うことの意味とは

Sponsored Link

売ることと買うことの意味を知る

「ものが売れない時代」といわれています。顧客のニーズやウォンツが多様化し、大きなヒットをねらうことが難しくなりつつあるのが、その要因といわれます。また、人は売りつけられることを嫌います。無理やり「これは便利だから買え」と押しつけられても「はい」と消費者は動いてはくれません。よって営業職である人々にとって、現在は苦難の時代ともいえそうです。

なお、人は売りつけられることは嫌いである一方で、買うことはとても好きなことにスポットを当てておく必要はあります。

誰にも欲しいと考えている物があるはずです。また、購入に至るまでの行程も、とても楽しい時間であることでしょう。

たとえば車を買い替えようとした場合、さまざまな車雑誌を買い漁るかもしれません。また、多くの新車試乗会に出掛けていくかもしれません。

女性であればウインドウショッピングは楽しみのひとつであるはずですし、両手いっぱいのブランド物を買い漁ることができたならと、夢を見ることもあるはずです。

このように人には購買意欲が存在します。このため、売る側は、いかに売りつけるかというスタンスを捨て、むしろ購買意欲を促進するような環境作りに重点を置くとよいと思われます。

成功者の中には、営業あがりの方が多くいらっしゃいます。これらの人々の多くは、消費者目線を十分に研究し尽くしている場合が少なくありません。

今後、人生の成功を手にされようとされているのであれば、是非同様の考えを持たれることをお勧めしておきます。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link