プラス思考に用意される大きなメリットとは

Sponsored Link

プラス思考の価値とは

「プラス思考」という言葉をよく耳にします。何事もプラスに考えることで、物事は好転していくといいます。ボトルに半分残るスコッチ。これを「半分しかない」と嘆くか「まだ半分もある」と喜ぶか、といった例もよく用いられています。

事象はひとつですが、それをどのように捉えるかによって、精神状態は大きく異なるものとなるわけです。そして、どうせ事象に変化がないのであれば、プラスで考え、明るい精神状態で次の行動を起こした方が、結果として成功へと近づくことができるはずです。

ですから、ひとつのことに悩むのではなく、それを真摯に受け止めるとともに、成功への糧として、次の行動をいち早くスタートさせるべきなのです。

間違えてならならないプラス思考の意味

なお、プラス思考を間違った形で用いる方をたまに目にします。

たとえば営業成績が伸びなくても、「大丈夫。明日頑張るさ」と開き直るのは、決してプラス思考とはいえず、単なる逃げの論理です。確かに成績が伸びないことに悩まないのは正解です。あれこれと悩んでいても、成績は上がらないからです。

ですが、延びない要因を冷静に分析するとともに、「よし!」と気合いを入れて、明日の成績の為に、今日、できうる限りのことをやり尽くすことこそ、プラス思考たる行動学だと思われます。

同じ事象、見方によってはどちらにもとれることが少なくありません。そして、どうせ同じなら、あれこれと悩むよりも、明るくそして冷静に対応策を考え、さらに前へと進んでいく。これこそがプラス思考のすばらしい点であり、そのことにより、成功は自ずとあなたへと近づいてくるものなのです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link