会社をやめたいと思った時に行うべきこととは

Sponsored Link

どうにもならない苦境を乗り越える方法

どんなに頑張っても報われない状況は、誰もが体験するものです。また、本人は頑張ろうとしているのにもかかわらず、周りがそれを許さない状況や、どうしても回避できない問題、理不尽なパワーハラスメントなど、さまざまなことが発生するのが、人生というものです。しかしそれでも、成功に向かって突き進む必要があります。小さな事で諦めていては、絶対に成功など手にできないからです。

さて、ではどうにもならないように思える苦境を乗り越えるにはどうすればよいでしょうか。たとえば、会社を辞めようと考えていたとしましょう。どう考えても、先に進めない状況であり、自分の将来性を、現在の会社においては考えることができないといった場合です。

まず行わなければならないのは、その問題が自分によって引き起こされているか否かの解析です。仮に自分によって引き起こされる問題であれば、自分をどのように変えていけばそれをクリアできるかを考えます。

人を動かすことは難しいものです。しかし自分であれば今からでも変えることが可能だからです。また、どのように考えても自分では変えられない状況であり、万策手を尽くしたがどうにもならない場合もあることでしょう。

このような際には、会社を辞めてしまっても良いと考えます。ただし辞表をたたきつけてなどといった後を濁す行為をすべきではありません。まず、次の受け入れ場所を慎重に探して、それができた段階で退職の手続きへと進みます。

どうしても乗り越えられない壁に直面したなら

現在は複合的な不況から、求人倍率は各地でとても低いのが現状です。このような状況下においては、無職の人間を雇用してくれる企業は少ないものです。しかしその一方で、現在仕事をしている、スキルがあると認められる人間に対しての求人は、探せば必ず存在するものです。

これを慎重に見つけだすまでは、現職にとどまりましょう。そして、次が見つかった段階で円満退社をするのがベストです。

「会社を辞めることが許されるのか?」

そう思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、しっかりとした計画のもとに行うのであれば、それは次の飛躍点の模索であるわけで、まったく問題はありません。

人生には、どうしても乗り越えられない壁が存在します。このような時にいつまでもそこに留まていても意味がありません。まずはその壁を乗り越えるのではなく、壊してしまうことができないかを模索します。そしてそれも無理であるならば、乗り越えるのではなく、壁を迂回することで先へと進む必要があります。

壁を乗り越える経験は重要ですが、どうしても乗り越えられないと判断したならば、そんな壁は迂回してかまいません。

本来の目的は、壁を乗り越えることではなく、成功に向かって歩むことなのですから。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link