結局サムライが結局強いかの考察

Sponsored Link

士は現在においても強いか否か

「サムライが結局強いか」というタイトルではありますが、別段時代劇を語ろうというわけではありません。サムライは、漢字では「侍」ですが、「士」を用いることもあります。つまり士農工商の士を意味します。士は、江戸時代において、地位としては最も上位に位置していました。そして、それは現在においても同様なのかという考察こそが今回のテーマです。

現在において士とは、何らかの資格を持って特定の業務に従事するものの総称としても用いられます。たとえば、中小企業診断士や、弁理士、弁護士、税理士、鑑定士など、あらためて見てみると、その職種は意外なほどに多いものです。

もともと起業に資格などは不要ですが、資格を取得し士になっておくことで、その道のプロフェッショナルであることを提示することができるようになります。つまり、その人がプロであることを国が認めてくれていることから、顧客に信頼を得やすい立場で仕事を始めることができるわけです。

士であることのメリットとは

あなたがまだ学生であったり、社会人であるものの、底辺での生活を余儀なくされているのであれば、資格取得は、今後の人生の大きな追い風になるはずです。特に、女性であるならば、効果はさらに多大です。

学生時代に、なんらかの資格を取得していたとしましょう。別段「士」にこだわる必要はありません。たとえば教職課程を履修した後に教師になったと考えます。

女性の多くは、後に家庭を持ち子供を出産することでしょう。この際、仕事は一時的にできなくなるかもしれません。しかし、子供の手が放れる頃には、教育費などの支出が膨らむため、家計を助ける目的で再び仕事をする必要が生じることもよくあることです。

さて、一般的な主婦が実社会に復帰する場合、受け入れ口のほとんどはアルバイトやパートであり収入は数万円にとどまることでしょう。しかし仮に教員免許があり、復帰の可能性を残していたとすると、その後の収入は、大きく異なることになります。

一般的な社会人と同等の収入を、再び得ることができるわけです。

これはほんの一例ですが、先の「士」となっていた場合でも、再び収入を得やすいのは同様であり、アルバイトやパートを行うのとは、単純比較でも年収で200万円から300万円の差異は発生することでしょう。そしてこれをたとえば20年続けたとすると、その総額は4000万から6000万にもなるのです。

士は生きる上で決して邪魔にならない

現在では「士」とて苦しい時代といわれています。しかし何も持たないのとは大きな違いがあります。それは、時給800円のアルバイトか、自分でオフィスをかまえる経営者といった差異をも生むことになるのです。ですから、もしまだお若いのであれば、是非とも「士」となっておくことを強くお勧めします。

「士」は、別段邪魔になるものではありません。しかし行使すべきタイミングにおいて、大きな追い風を、自己の人生に吹かせることができるのです。今からでも決して遅くはありません。どうぞさまざまな「士」となることで、いち早く成功を手にされていただきたいと思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link