顧客を育てるという意味を知る必要性

Sponsored Link

「顧客を育てる」の真の意味とは

「顧客を育てる」企業でよく用いられる言葉ですが、この真の意味をご存じでしょうか。企業が新規に顧客を獲得するためには、多大な経費が必要となります。新規顧客の取得は、それほどまでに大変なことなのです。ですから、見込み客として反応があった顧客は、できれば有効に取り込みたいと企業は考えるものです。そしてこのためには、顧客を育てることが重要となるのです。

見込み客の段階では、自社の提供するサービスや商品を、顧客が購入してくれる確証はありません。このため、購入確率を上げるための策を講じ、顧客の購買意欲を向上させることが重要となります。

一般に新規顧客は、高額商品をいきなり購入してはくれません。このため、たとえば試供品を提供し使っていただくか、もしくは安価な商品を購入していただくような販売モデルを提示します。

顧客は一度取引をした企業に安心感を持つ傾向があります。このことから、小さな取引を成立させたうえで、徐々にさまざまな情報を提供しつつ、より高額な商品を購入していただけるように努力するのです。また、一度高額な商品を購入いただいた顧客には、さらに多くのサービスや情報提供により、常連客として定着させるモデルを提供します。

大きく異なる既存顧客と新規顧客の販売コスト

既存顧客への販売コストは、新規顧客の販売コストのおおよそ五分の一だといわれています。また、常連となれば、その後、商品を定期的に購入いただける可能性さえ見えてきます。つまり顧客を育てるとは、見込みから顧客へ、顧客から常連へ、そして生涯に渡り顧客となっていただくためのビジネスモデルであるわけです。

今後、販売において高い売上を目指すのであれば、顧客を育てるための知識は不可欠となります。

どうか今からでも、顧客を育てるための知識を吸収していただきたく思います。これらの知識は、成功確率を向上させることに必ず役立つものとなるからです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link