向かってはならない負け組への転落ルート

Sponsored Link

ワーキングプアへと陥らないために

ワーキングプア人口の拡大は、今なお続いています。毎日長時間の労働を余儀なくされているのにもかかわらず、貧困から抜け出せないでいる人々です。ワーキングプアは、最近では若い世界にも広がりつつありますが、深刻なのはむしろ、中高年の世代であるといえます。

この世代のワーキングプアを調べてみると、立派な学歴をお持ちの方も少なくありません。昔は、かなりの収入をとられていたという方が、深夜のスーパーの商品陳列のアルバイトで細々と生きているといった状況は、現在では決して珍しくありません。

成功を手にしようとされている方が、ワーキングプアに陥ることは、極力回避しなければなりません。上昇志向を持つ方が、要因はどうであれ下る道を選択してはならないからです。

そこで今回は、どのような経緯や要因によってワーキングプアに陥ってしまうかを、あらかじめ知っておくことにしましょう。そうすることで、ワーキングプアへと陥るリスクを大幅に低減させることができるからです。

ワーキングプアに陥る要因とは

さて、ワーキングプアの人々は、なぜ勝ち組から負け組へと落ちてしまったのでしょうか。勝ち負けは職業や収入で単純に判断することはできません。しかし、休暇を南の島で優雅に過ごしている一方で、休みもなく昼夜働き、しかも低所得であり、出口のない貧困の日々。この相違には大きなものがあるといわざるをえません。

不運にもワーキングプアに陥ってしまった方々には、実は共通する点がいくつか存在します。

まずは、若い頃から、スキルを積み上げる機会がなかったという方です。

専攻した知識を活かすことのできる職業につけなかったり、転職の度に異なる業態を選択したため、これといった能力やそれを裏付ける業務経験、資格などを持つ機会に恵まれなかったことが要因として挙げられます。

この場合、中高年となる頃には、就職先が極端に限られることになります。よって、あまり成り手のない、辛く収入も少ない職業を選択せざるをえなくなるのです。

また、積み上げたものを持っているものの、それをまったく活用することのない転職先を無計画に選択した場合も、同様の道を辿るリスクが高まります。本来、優れたスキルを持っていれば、中高年になっても、ある程度は就職口を見つけることが可能です。たとえば、営業のスペシャリストとしての実績を持っている人や、システム開発において、上流行程の職務に長け、幅広い業務実績を持っている人などの場合、50代を超えても、高い給与で引き合いがくる場合が少なくありません。

しかし、全く別の業態への就職を願うのであれば、あくまでも新人としての扱いを受けることになります。このため、就職先は極めて限られたものとなってしまうわけです。

ここで、ワーキングプアに極力陥らないための要点をまとめておきましょう。

ワーキングプアに陥らないための要件

1)実社会において必死にスキルと実績を積み上げる

2)積み上げたスキルや実績を活かせる転職先に限定する

これだけです。なお、上記1以前において、学生時代に専門の基盤を学問で学ぶとともに資格を取得しておくと、よりワーキングプアに陥る確率は低下すると思われます。

働き続けても出口の見えない貧困状態は、とても辛いものです。また、成功を手にされるべく活動される方が、そのような道に迷い込むことは、どうしても避けなければなりません。今回の知識も、しっかりと脳裏の片隅に置いてておくことをお勧めしておきましょう。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link