時間がないという人に共通する行動パターン

Sponsored Link

忙しいことは時間がないことは異なる

ビジネスマンの多くは、自らの持つ作業量が多大なため、常に多忙な毎日を送り続ける必要があるものです。このため「忙しい」を口癖のようにいいながら毎日を過ごすサラリーマンも多いのです。しかし「忙しい」=「時間がない」ということが果たして本当であるか否かは、実際にその人の行動を監視しなければ、把握することはできないものです。実際、忙しい人や、時間がないと嘆く人の中には、実はさほど忙しくもなく、十分に時間を確保することができる人が少なくありません。

事実、多忙を極めるビジネスマンの中にも、時間を作りだして別のことをする人もいれば、実際にはさほど多忙ではないのに、いつも仕事に追われ余暇を楽しむことができない人もいるのです。

さて、これはなぜでしょうか。

なければ作り出すことができる時間

時間がないという人の多くには、実は無駄な時間が多く存在するものです。たとえば仕事を長い時間かけて処理していたり、空いた時間を、なにもすることなく過ごしてしまったりと、時間管理がうまくできていない人が多いのです。

時間をうまく使う人間の多くは、処理すべき仕事に、常に優先順位をつけています。そして、すぐに処理すべき案件や、重要な仕事から取りかかります。段階的に仕事を消化しつつ、ウエイトが軽くなった部分に、他の仕事を組み込んでいくことで、より濃度の濃い時間を過ごそうと心がけているわけです。

ですから、たとえば納期に遅れて問題を肥大化することもないうえ、残業も短めにして、余暇を楽しんだり、新たな仕事に取り組むなどの次のアクションを起こすことも可能となるのです。

彼らを一般の人間から見ると、常に涼しげに仕事を消化しているように見えます。しかしその違いは、的確な時間管理と、仕事の優先順位付けに過ぎないのです。

もし、常に忙しく時間がないとお悩みであるのなら、ぜひこれらのことを念頭に、仕事に臨んでみてください。しばらくすると、必ず上司や同僚、部下からの評価が好転するはずです。そして、そんな評価の集大成が、後の人生を、より確実に成功へと導くことになるのです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link