勝ち癖をつけることで成功への道を目指す

Sponsored Link

誰もが成功者となれる訳とは

大きな成功を手にした人を目の当たりにした際、どのような思いにかられるでしょうか。

「俺も絶対に成功してみせる」と闘志を燃やされるのであれば、それを糧に、着実な計画を立て、いち早く成功を手にされることをおすすめします。

一方で「俺には絶対に無理だ」と思われるのであれば、成功を手にすることは難しいといえるでしょう。未来は、あくまでもご自分のみが決定できるものだからです。

「絶対に無理さ。俺はあんな人間にはなれるはずないし」

と思われるのであればそれは大きな間違いです。一般の人々と成功者には、能力の格差は存在しません。しいてあるとするならば、意識の若干の差異といったほどのものにすぎないのです。つまり、誰もが問題なく成功者になれるということです。

ただしこれにはちょっとしたステップが必要です。ジャンプして2階に上ることはできなくても、梯子や階段を用いれば、誰もが上ることが可能であるのと同様です。

成功への階段とは何か

さて、この際に用いる階段とは何でしょうか。いくつもの要素がありますが、ここでひとつご紹介するのは、「勝ち癖」です。人生の成功を逃す人の多くは、これとは逆の「負け癖」が身体に染みついています。よって、今日から「負け癖」を払拭し、「勝ち癖」をつける日々を送るようにするのです。

では「勝ち癖」とはなんでしょうか。これは、ギャンブルの勝ちという意味ではなく、小さな目標を立て、それを実行することによって得られる「勝ち」を意味します。

ごく小さな勝ちで良いのです。すると、その小さな勝ちの集大成が、少し大きな勝ちを生み出します。また、少し大きな勝ちは、さらに大きな勝ちを生み出すと行った流れを生み始めます。

これを繰り返すことで、誰もが成功を手にすることが可能となります。そして、成功者となられたなら、後に続く人間にこういうことになるでしょう。

「まずは小さな勝ち癖をつけることさ」

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link