就職難の効果的転職術

Sponsored Link

会社を退職する際の正しい選択とは

もし、起業ではなくサラリーマンとしての成功を手にされたいとお考えなら、そして、それでも今、どうしても現在の会社を退職したいとお考えなら、いくつかの正しい選択を行う必要があります。

たとえば、いくつかの職を探したものの、良い就職先がみつからなかったため、とりあえずはアルバイトでつなごうとか、派遣社員や契約社員として働き、様子を見ようと考えるかもしれません。アルバイトや、派遣社員、契約社員が悪いということではありません。また、それが成功への一課程として計画の一部であるならば、これらの職の利用価値はいくつも存在するものです。

しかし、正社員として上をめざすのであれば、正社員から正社員へと移籍すべきであろうと考えます。

「でも、就職先なんかないしなあ」

確かに部分的に厳しい現状は続いています。そこで、効果的転職術についてふれてみたいと思います。

効果的な転職術とは

まず、第一に退職後に仕事を探し始めるのは避けるべきです。無職の人間を雇用するのには、企業側の人事部も抵抗を示します。

次には、自分のこれまでのスキルを最大限に売り込める仕事、大学の専攻が活かせる仕事など、優位性をもてる企業や部署を限定して探す必要があります。このような部署であれば、履歴書に優位性を持った情報を盛り込むことができるはずです。

自己の強みを活かせる部署であれば、面接においても、自己アピールをしやすくなります。雇用する企業は、給与に見合う以上の仕事をしてくれる人材を求めているわけですから、これに応えるだけの素材を、お土産として提示することが必要となるわけです。

また、会社自体の選定については、応募すべき法人の業態が昇り基調ににある法人に絞ることで、転職成功確率や成功確率をあげることが可能となります。

右肩上がりの企業への転職は、確かに難関なのですが、先にも説明したとおり、企業に提示できるお土産を持参するわけですから、必ず優位性を持てるはずです。

転職をすることによって給与や待遇をあげることに成功している人間は、転職が厳しいとされる現在でも存在するものです。ですから、是非ともその仲間入りをしていただきたいと思います。

なお、どうでもいいやとばかり、市場が枯渇したような業種に入社すると、そこに待っているのは、苦労と貧困であるはずです。また、せっかく昇進したにもかかわらず、会社が倒産してしまうなど、成功から遠ざかるリスクが増大します。この点にも十分に注意する必要がありそうです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link