常に一歩先を見つつ行動をすることの価値とは

Sponsored Link

一歩先を予想しつつ人生を歩む

成功への道を歩まれていらっしゃる方々の多くは、大きな夢を持つとともに、それを具現化するための緻密な計画を練り、日々地道に続けられているものです。ただ、そのような堅実な毎日を過ごされている方の中にも、今後の変化を予想されてらっしゃらない方は少なくありません。

自らの計画は堅実に遂行しているのですが、それはあくまでもご自身の事情であり、ご自身の道筋です。しかし、皆さんが生きているこの実社会においては、外的要因によって自分の人生が大きく左右されるような局面も、多々発生するものです。

「せっかく上に向けて道を歩んでいたのに、会社が倒産してしまって」

「計画通り会社を拡大してきたが、業界全体が不況となり、資金繰りに苦慮している」

などなど、予想外の出来事は、比較的高い確率で、突然降りかかってくるものなのです。そしてこれは、多くの場合避けようがありません。ただし、避けようがなかったとしても、その影響を最小限にとどめたり、逆に好機へと変えてしまうことは十分に可能です。これには、常に未来に起こりうる事象を予想しながら、成功への道を歩んでいくという心がけを持つのです。

未来は知ることができないが予想はできる

誰も未来を知ることはできませんが、たとえば、車の運転において、「道の死角から子供が飛び出してくるかもしれない」と未来を想定することは可能であるはずです。同様に、「今後の業界の動向」や「社内の人事異動の可能性」などをおおよそ予想することは十分に可能です。

さて、未来の状況を何パターンも想定することができれば、それに対する対策を、事前にとっておくことができることになります。このように、常に未来を想定するとともに、対応策を事前に持っておくことで、アクシデントにみまわれた際にも、被害を最小限にとどめたり、逆に好機として活用することすら可能となるのです。

計画とは別に、未来を想定した事象を考慮し、「想定外」のトラブルに道を断たれることのないように、どうか成功への道を歩み続けていただきたいと思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link