成功に向けて加速するためのロングテールの活用

Sponsored Link

ロングテールとは

「ロングテール」という言葉をご存じでしょうか。ロングテールとは、恐竜のような長い尾をいいます。多くの商品を扱う場合、比較的よく売れる商品がある一方で、なかなか売れない商品群も多く発生します。これを売上順に並べてグラフ化すると、ちょうど恐竜の身体のシルエットに近い形状を描くことになります。この尾の部分をロングテールというわけです。

さて、ロングテール部分とは、過剰在庫の要因ともなることから、これまで改善する部分とされていました。ところがインターネットの普及により、ロングテール部分にも、注目が集まりはじめることとなりました。

ロングテールの商品とは、市場性が小さく需要が少ない部分であるわけですが、インターネットでは、需要の小さな商品であったとしても、それを望む顧客を世界中から容易に探すことが可能です。このため、小さな市場に特化したビジネスを展開したとしても、十分にビジネスとして成立してしまうことが少なくないのです。

何かに特化したサービスの価値とは

たとえば、家具屋さんでは、家具全般を扱うことで幅広い需要を相手にしようとします。机もイスも、ベッドもソファーも、そしてタンスや照明器具も扱うかもしれません。

しかしインターネット上では、机のみを扱ったり、机の中でもローテーブルと呼ばれる机のみを取り扱うことで、サイトに得意性を持たせることで差別化を図ることができます。

ローテーブルであれば、どのような需要にもでも対応できるサービスを提供するわけです。このことで、高い売上を得ることが可能となるわけです。

今後インターネットに参入されるのであれば、このロングテールの概念を取り入れるとで、独自の得意性を持ち、ニッチ市場から高い売上をえることができないかという観点から新たなビジネスモデルを展開されるのもひとつの策かと考えます。

仮に、ある分野の特化したニッチ市場にお詳しいのであれば、案外身近に、ご自身独自の成功法が存在するかもしれないのです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link