成功に絶対的に不可欠な約束の重み

Sponsored Link

「ゆびきりげんまん」の重み

「ゆびきりげんまん」をご存じでしょうか。子供の頃、何かをやくそくすると、小指をからめながら「ゆびきりげんまん」と歌った経験は誰もが持つものです。

この約束は実はなかなか恐ろしい制裁があり、約束をまもらない場合「針を千本飲まされる」といった罰をうけることになります。実際にこのような制裁をうける人はいませんが、ビジネスにおいての約束は、時としてこの制裁以上のペナルティーを受けることさえあります。

たとえば、手形が期日に一度でも落ちなければ、銀行はその法人との取引を打ち切ることになります。するととたんに資金繰りが困難となり、二度目の不当りをだし、結果的に会社は倒産となるのです。また、顧客との間で交わした約束を履行しない場合、契約不履行で提訴されることすらあります。

このようにビジネスにおいての約束は、大変重いものであることをしっかりと理解されておく必要があるでしょう。

小さな約束を守ることが信頼を築いていく

なお、小さい約束くらいなら守らなくても大きなリスクはないだろうと思われる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、一度約束を破ってしまった人間は、それを繰り返す傾向にあります。徐々に信用は低下し、後に誰も話には耳を傾けなくなるはずです。

これではビジネスどころではありません。今後も約束は重いものだとご理解いただき、「針千本」の重いペナルティーが課されることになると肝に銘じ、約束は、どのような小さなものであっても、必ず、そしてどのような苦労や努力をしてでも守る癖をつけていただきたいと思います。

「彼ならやるといったら必ずやるよ」

顧客や上司がそういって信頼してくれるようになったなら、成功は、さほど遠くない未来において、手に入ることになることでしょう。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link