成功のためのあと一歩の勇気と努力を持つ心がけ

Sponsored Link

「あと一歩」の手前において多くの人は脱落していく

これまでの人生において、「あと一歩の勇気や努力があったなら」との後悔を経験されたことはあろうかと思います。

弱い部分を持ち合わせているのは、むしろ当然のことであり、とりとめて自分はだめだと攻める必要などありません。

ただ、この「あと一歩」が、成功を手にするか否かという局面において、非常に重要なポイントとなるものです。また、「あと一歩」の差は、大きなチャンスを手にするか否かの分岐となることを、今ここで知っておいていただく必要がありそうです。

「継続は力」という言葉にもあるように、物事を成功へと導くためには、長期的視野にたった計画と継続性が要求されることになります。この点については、誰もがご存知であるはずですが、成功への道のりは、人それぞれ、独自の道を模索しつつ歩んでいく必要があります。

このため、教科書にあるような明確な答が存在しない場合が少なくありません。よって、ひとつのことを長期間に渡って継続しても、思ったほどの結果を得られず、次第に数々の疑問や疑念が脳裏を占めるようになることがあるものです。

「こんなことをやっていて成功できるんだろうか」

「もっと近道があるのではないだろうか」

多くの人々が、同様の疑問を払拭できず、成功への道から脱落していくのです。

「あと一歩」の向こう側の世界

しかし、これまで成功を手にされている方をみていると、多くの人々が消えてしまった直後において、成功への切っ掛けをつかんでいる人が多いのに気づきます。

当然のこと日々の努力の中には、失敗を経験として取り込むことで、成功へと軌道修正を行う必要はあります。しかし、それを繰り返していても、思うような成果を得られないことが少なくないことから、あきらめてしまう人が多いわけです。

そんな中、成功者は、自らの成功を信じて、「あと一歩だけ頑張ろう」と努力を続けるものです。

これら一連の流れを逆に考えるなら、多くの人間が脱落していくタイミングこそ、成功を手にする可能性が増す地点であるといえそうです。

ですから、もし、もうダメだと思い始めたのであれば、それを逆に好機ととらえ、さらに先に行く努力をしてみていただきたいと思います。強い意志を持ち、ご自分の成功への切っ掛けを、その一歩先に見いだしていただければ幸いです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link