成功への道を阻害するパワハラから身を守る方法

Sponsored Link

パワハラとは何か

個々の被害は表面化しにくいものの、パワハラが社会問題化しています。パワハラとはパワーハラスメントの略語であり、仕事の立場を用いることで、さまざまな攻撃を行う行為をいいます。

たとえば、新人として希望を胸に入社したものの、先輩に日々イジメをうけ、退社を余儀なくされるケースがあります。また、上司からの執拗なまでのパワハラを受けたことが切っ掛けとなり、鬱病を発症し、結局退職を余技なされた中堅社員のケースもありました。

パワハラは会社内部で犯される犯罪であり、表面化しにくいことに根深い問題を残します。

パワハラから身を守るための方法

パワハラから身を守るための第一条件は、ご自身が孤立しないことにあります。孤立した存在は、とかくイジメ対象となりやすいものです。

多くの人とのコミュニティを築いている人は、イジメ対象には成りにくい傾向にあります。このような人にイジメを行った場合、そのコミュニティ自体から爪弾きにあうリスクがあるからです。

パワハラを行う人間の多くは、実は人間性において未完成でかつ弱い人間であることが少なくありません。ですから、いじめることでリスクが生じる人間には、決して手を出したりしないものなのです。

必死に仕事を頑張るだけでもパワハラを回避できる

なお、コミュニティを拡大する上で有効となる相手として、上司や、経営者の存在があげられます。たとえば、社長や部長から気に入られていたとします。このことに嫉妬され、先輩からパワハラを受けたなら、たとえば社長に助けを請えばよいのです。

さらに、パワハラを抑制するのに有効な手だてとして、必死になって働き、業績を残すという方法があります。必死になろうとしても、当初は攻撃をうけるかもしれません。しかしそのような攻撃をものともせずに、とにかく必死に働き続けるのです。するとコミュニティの拡大にも有効に機能する上、キャリアが向上し、社内の評判も上がります。つまり、会社において重要な存在となっていくわけです。

さて、会社にとって重要な存在である人を攻撃した場合、どのような評価を受けることになるでしょうか。つまり仕事ができる人間に対する攻撃は、立場的にもなかなか難しいものなのです。

ですから、孤立せず、自分の仕事に必死に取り組むこと。これこそが、パワハラに有効な対策です。

パワハラに対する最終手段とは

なお、それでもどうにもならないパワハラを受け続けるのであれば、解決策は二つです。

パワハラの状況を録音したり記録につけることにより、証拠を確保したなら、まず経営者や部長、マネージャーなどにそれとなく相談します。しかしそれでも解決できないのであれば法律家など専門家のドアをたたくのです。

また、もうひとつの方法は、パワハラを容認するような企業は早々に退職し、新たな門出をいち早く切ることです。

成功を手にしなければならない方が、つまらないことにつきあっている余裕などありません。

是正策を講じ、それがだめであれば、別に活路をもとめることも必要な場合が少なくありません。どうか、パワハラに負けることなく、必ず成功を手にしていただきたいと思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link