成功を手にしたいのなら失敗を恐れる必要はない

Sponsored Link

時に必要となるリスクテイク

現在、私たちの平均的な人生の時間は約80年です。この長い時間においては、さまざまなことが起きるものです。大きな幸運に見舞われることもあるでしょう。また、その一方で、大きな挫折を味わうこともあるかもしれません。

実際に人生の大先輩である高齢の方々にお話をうかがうと、皆さん一様に大きな苦難を乗り越えられた経験を一度や二度は、必ず持たれているものです。しかし結果として彼らはのんびりとした老後の生活を手にされていますし、まぶしいほどの笑顔をお持ちです。

今後、皆さんが成功へ向けて歩まれる際にも、さまざまなことに遭遇することになるはずです。中には、失敗が許されないような局面にたたされることがあるかもしれません。多くの人は、そんな状況に身を置くことを避け、なるべくリスクを背負い込む道を選ばないものです。

しかし、その向こう側に成功が見えるのであれば、あえてリスクを取ることも時に重要なポイントとなります。人が歩まない、もしくは歩むことを拒む道こそが、成功へ続くものであることが少なくないからです。

予想を立てることでリスクは回避できる

「でも、失敗して取り返しのつかないことになりはしないだろうか?」

と、そう心配されるかもしれません。しかし、人生において取り返しのつかないような事は実はあまり多くはありません。たとえば、周到に準備をした上で起業をされたとしましょう。当初、経営が安定したかにみえたものの、市場自体が急速に悪化し、結局多額の負債をかかえ倒産してしまったとします。残るのは借金だけという事態です。

さて、それではこのようなリスクがあるので成功への道をあきらめるでしょうか。

リスクは自らの努力において、発生確率を最小限にとどめることが可能です。また、リスクに対する対処方法を常に想定しておくことで、トラブルに想定したとしてもそれを回避したり、最小限の被害ですませることは可能です。無防備ではなりませんが、しっかりと予想を立てておけば、さほど怖いものではないのです。

また、最悪、倒産をして支払うことのできない借金を抱えてしまったとします。このような場合でも、死を選ぶ必要はまったくありません。日本においては、借金を減らすか、もしくはゼロにする方法が存在します。つまり、死んでしまうなら、再生をして、再び元気に働き、税金を支払ってくださいと日本政府がセイフティネットを設けているのです。

よって、これを利用することで最悪の事態を回避し、再び這いあがって行けばよいのです。努力や緻密な計画は必要です。しかし、リスクを恐れて夢を諦めてしまうのはあまりにもったいないと思われます。どうか、これからの人生も、多少のリスクを恐れることなく、常に前向きに進んでいっていただければと思います。

夢に向かって歩むことをやめてしまったその瞬間、成功をつかむことができなくなることでしょう。それは、あまりにももったいないことであることを、ここでは十分にご理解いただきたいと思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link