人生において遅すぎることのない軌道修正

Sponsored Link

軌道修正に遅すぎることはない

「もう少し若いときに気づいていれば、俺の人生ももっと良いものとなっただろうに」

以前仕事がらみでお酒の席をともにした中年男性の言葉です。確かに中年になると、若い人々と同様には気軽に軌道修正を行うことはできません。軌道修正をするにはあまりに多くのものを背負ってしまっているからです。

しかし絶対にできないかというと、決してそんなことはありません。

カーネルサンダース(Harland David Sanders)がフライドチキンのチェーン展開をスタートしたのは晩年であったはずです。フライドチキンの店舗前に設置される彼の像が白髪なのはこのような要因からなのです。

中年以降における軌道修正の注意点

ただし若者の軌道修正と同様に無茶をすることはできないはずです。大きな失敗は、中年以降には堪えるものです。よって中年には中年に適した軌道修正が必要です。さて、中年に適した軌道修正とはどのようなものでしょうか。

中年の場合、これまでの人生で学んだ多くの経験則が存在します。また、幅広い人脈もお持ちであることでしょう。これら中年であるからこそ持ち合わせている武器を最大限に用います。また、逆に経験則に縛られて発想が小さくまとまらないように、若者の意見も採り入れることが必要かも知れません。若者を部下に組み入れることも時には必要となることでしょう。このような配慮をすれば、たとえ軌道修正に遅すぎることはありません。

「昔のような大きな夢への挑戦は無理だよ」

そんな声も聞こえてきそうです。しかし、年齢に応じた夢を持つことはできるはずです。たとえば、すでにリタイヤされており、年金暮らしをしている方が、生き甲斐を取り戻すとともに、少しだけ豊かになることを目標とした軌道修正をするのはいかがでしょうか。

何もやることがなくなったと毎日を嘆いて暮らされているのであれば、新たな夢を持ち人生の軌道修正をしてみることをお勧めします。

軌道修正は、人生に輝きを与えるかもしれないからです。そしてそれは、たった今からでも充分にトライすることができるのです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link