人生における二者択一局面の選択について

Sponsored Link

結果的に間違っていたこれまでの選択

仮に、これまで成功に恵まれず、本来持つ夢とは全く異なる状態に置かれるとともに、そこから脱却する策を見いだせないでいるなら、夢に向かって歩み始めるための注意点があります。

人生には大中小さまざまな二者択一の局面が存在します。小さなものであれば、日々、選択を迫られているかもしれません。さて、もし成功したいと考えているのにも関わらず、その機会に恵まれていないとおっしゃるのであえば、これまでの二者択一において、比較的選択しやすいのはどのような方向かという点について注目し、過去を振り返ってみていただきたく思います。

たとえば、A、Bの選択が目の前にあったとします。Aは、楽でなおかつ比較的誰もが選択しやすい道、Bは逆に大変そうで誰もが選ばない道です。仮に、人生が成功へ向かっていないとお悩みであり、かつ、Aをいままで選択してきていたのであれば、今後は、Bを選択してみることをお勧めします。

Aは、誰もが選択する道ですが、誰もが通る道には、成功へのチャンスはあまり転がってはいないものです。仮にAにチャンスが多く存在するのであれば、多くの人々が成功することになり、一億総富裕層でかつ幸せな人々で満たされていることになります。ところが世の中はそのようにはなっていないのです。

通常は選択しない道の先にあるものとは

成功者にこのお話をすると、多くの方がこう答えます。

「大変であったとしても、あまり一般的に選択しない道には、多くのチャンスがあるからね」

誰もやらないようなイヤな仕事でも、率先して受けることにより、結果的に多くの信用を手にすることもあります。また、誰も選択しない困難な道を選択し、そこにある市場を自分なりに再構築することで、業界のトップシェアを取得することに成功した方もいらっしゃるわけです。

ケースバイケースなので一概にはいいきれませんが、これまで成功への道が見つからず、また、二者択一の局面において、常に楽な道を選択されていたのであれば、しばらくの間、これまで選択してこなかった道を選択し、それに立ち向かってみるのも、成功を手にするための非常に重要でかつ有効なコツとなりえると思います。

「どうしようかな。面倒くさいな」

こんな局面は毎日のように存在することでしょう。そしてこの場合は、面倒くさい方向を選択し、頑張るわけです。このようなことを続けていると、いままではあり得なかったような意外なチャンスに遭遇することになります。そして、そのチャンスをうまく活かしていくことで、今後の人生は、大きく好転していくこととなるものなのです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link