人生終わりよければすべてよしの成功学

Sponsored Link

変化に富んだ7,80年の時間

人生とは、70~80年の時間を旅する個々に与えられたアトラクションのようなものです。この時間を長いと感じるか、短いと感じるかは人それぞれでしょうが、7、80年の間には多くの変化が自分や身の回りに起こるものです。

たとえば、昭和初期の日本をイメージできますでしょうか。それは、映画や書籍によって得られたイメージがベースとなっているはずです。なぜなら、多くの人は、その時代を実際の目で見ていないからです。

このようにわずか7、80年の間に、世界は変わり、そこで暮らす人々も変わります。そしてその変化は多大であり、昭和初期の人々は、たぶんスマートフォンや、指の先に乗る32GBのマイクロSDの存在を理解することができないに違いありません。

人生を締めくくるときにこそ成功を実感したいもの

さて、前置きが長くなりました。このような変化の富んだ時間の中を旅する私たちの人生には、良いことも起きれば悪いこともおきることでしょう。たとえば、若い頃大成功したものの、晩年はお金にも困り、家族や友人からも恵まれず孤独に死んでいく人がいます。一方で、若い頃に苦労を重ねたものの、晩年にはなんとか生活も安定し、多くの家族に見守られながら人生を終える人もいることでしょう。

単なる一例ですが、この両者のどちらになりたいでしょうか。つまり、若年成功型と晩年成功型です。もし二者択一であるなら、どちらを選択するでしょう。

「終わりよければすべてよし」という言葉があるように、人生の成功を手にする歳には、最低限、人生の最後において、成功を手にした状態である必要があります。

このため、死を迎える瞬間において、成功を実感できる状態のままに人生を締めくくることができるような設計をしておく必要があります。

終わりを良いものとするための方法

終わりを良くするには、十分な資金確保が良いかもしれません。また、その時に幸せなライフスタイルを得ていたり、良好な家族構成を築けていることなのかもしれません。

人生の最後において、何を手にしていたいでしょうか。多くの場合、物欲は徐々に薄れ、代わりに充実した時間や家族などがウエイトを占めてくるはずです。

もし、まだ30代かもしくはそれよりも若年層であるならば、このイメージは難しいかも知れません。しかし近くにいるご老人に相談し、自分なりの終わりの瞬間を想定し、対策を講じておいて損はないはずです。

せっかく成功を手にされたとしても、死を迎える瞬間が不幸であっては意味がありません。できれば、「私は真の成功者といえる。死を迎えるこの瞬間においても、私はこの上なく幸せなのだから」そんな言葉を最期に人生を終えたいものです。

人生の終わりまでを見据えた成功にこだわることも、成功者には不可欠であることを脳裏の片隅においておくとよいでしょう。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link