大きな夢をもつ者がサラリーマン時代にすべきこと

Sponsored Link

サラリーマンのメリットを活用する

「あなたはサラリーマンでしょうか」この問いには、ほとんどの方が「Yes」と答えられるかもしれません。最近では、派遣社員や契約社員として働かれている方も多くなりましたが、正社員でなくても、労働対価としてサラリーをもらう立場にある方であれば、サラリーマンに属するといえるでしょう。

さて、サラリーマンのメリットとは何でしょうか。

日本においては、正社員の地位は、比較的セイフティーなものといえるはずです。また、正社員でない場合でも、サラリーがある程度確保できる状態は、起業をされた経験をお持ちの方であれば、十分に安定した状態であると感じられるはずです。

サラリーマンでいらっしゃる現状を踏まえ、成功の未来を考えた場合、大別してふたつ方向を考えることができることでしょう。

ひとつはサラリーマンとして上を目指す方向、そしてもう一つは、サラリーマンの間にキャリアを積み重ね、後に独立するという方向です。双方において、サラリーマンの持つメリットの活用方法が若干異なります。

サラリーマンとして上を目指す場合の戦略

ひとつめのサラリーマンとしてそのまま上を目指す方の場合であれば、社内においての大成を実現する必要があります。このため、社内業務に注目をして日々の仕事に臨みます。

現状の仕事を必死にこなすことでキャリアを高めるとともに、上下関係や他部署とのかかわり合いを重視することで、社内ネットワークの構築を進めます。また、同時にこれらのネットワーク内に仲間を増やしておくことをお勧めしておきます。

所詮一人の作業量は限られています。そして人間は、能力においてそれほど大きな差を持ち合わせていないものです。しかし、社内に味方が多ければ、その人々の助けを借りることができます。そしてこの積み重ねこそが、他の人間に大きな差をつけることになるからです。

サラリーマンであれば、自分で多額の投資をすることなく、多くのことを遂行することが可能です。じっくりと計画を立て、夢に向かって着実に歩んでいくことができるのです。

後に独立を考えている場合

次に現在サラリーマンでありながらも、将来的に独立を計画されている方の、サラリーマン時代の有効活用方法に移ることにしましょう。サラリーマンは低額であれ生活が保障されている状態であることが最大のメリットです。これについては、先にもふれています。よってサラリーマンを続けながら、独立に耐えうるスキルを積み上げるとともに、独立に向けた準備を進める必要があります。この場合、外に目を向け、他社の誰もが認めてくれるだけの実績を、内外に残していくことが必要となるはずです。

サラリーマンの場合、ひとりの実力だけで会社が動くものではありません。会社のブランドが大きな力を持っているものだからです。ですから、今後独立を計画している場合、これらのブランドが消えてしまった場合でも、十分に立ち回ることのできるご自身の実績をを作り上げることが不可欠となることでしょう。

また、サラリーマンの場合、通常はひとつの部署の職務が与えられ、それを専任でこなすことを要求されるものです。しかし、独立した以降は、会社で発生するすべての業務をこなす必要があります。その範囲は、営業、人事、総務、企画、製造または開発、経理など多岐にわたるものです。

このため、サラリーマンの間に、これらの職務を経験するか、もしくは独学により積み上げていくことが必要です。すべてを知らなければ独立できないわけではありませんが、できうる限り、広範囲の知識を吸収しておくことで、独立後の成功確率を向上させることができるのです。

サラリーマンは、自らの時間を会社に売ることによりサラリーをもらう職業といえます。しかしだからと、だらだらと仕事をしていても、明るい未来を手にすることはできません。

サラリーマンとして大成する方、後に独立して成功を手にしようと計画されている方、進む道はそれぞれでしょう。

いずれにおいても、サラリーマンというセイフティな時代に、必死に仕事に取り組むとともに、緻密な計画のもと、着実に夢に向かって歩んでいただければと思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link