短期間死ぬ気で行動することで得られるものとは

Sponsored Link

死ぬ気で働くことで得た大きなチャンス

それまで好機に恵まれなかった人が、たまたま手にしたチャンスに対して、数ヶ月という期間の間だけ、眠ることも惜しみつつ仕事に取り組んだ結果、高い信用を手にし、それから以降、大きな仕事を定期的に得ることに成功した方がいらっしゃいます。

その方は、実は単なる派遣社員として上場企業の一部署に派遣されたに過ぎませんでしたが、そんなとき社内で大きな問題が発生するのです。当然のこと、その部署には外注としても大手企業の付き合いがありましたが、その問題が利益にならない割に、非常に大変な案件であったことから、受託を拒んだのです。

そこでこの派遣社員は、自分にやらせてもらえないかと願い出ます。その部署は、他に依頼する先もなかったことから、期間を設定し、とりあえず任せることにします。

彼はその日から会社に半ば泊まり込む状態で、問題解消のための作業にあたりはじめます。残業代も受け取らず、とにかくは問題解決のために全力を尽くしたのです。結果、大手企業が1000万単位の見積を出した問題解決のための案件を、彼はたった一人、しかも2ヶ月間で解決してしまうのです。

その功績は一部署のみならず、企業の上層部にまで届くことになります。彼はこれを切っ掛けとして大きな信用を得ることとなりました。そしてその後、彼は派遣社員をやめ、株式会社を設立することになりますが、信用が実を結び、多くの仕事を得ることに成功することになったのです。

皆さんも、ここぞという時には、ひとつ死ぬ気で仕事にあたってみることをおすすめします。誰も行わないようなことかもしれませんし、バカだといわれるかもしれません。しかしその行動が、その後、長期にわたる信用を形成する切っ掛けとなることもあるのです。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link