敗者となりがちな仕事ができない学生時代の優等生

Sponsored Link

勉強と仕事との捉え方の相違

学生時代は常に優秀な成績を残してきたものの、無事就職を果たした後、実践的な能力を発揮することができず悩む若者をよく目にします。学習能力に長け、記憶力も抜群なのですが、仕事となるとその能力を活かすことができないという人たちです。

ちなみに、そんな経験をお持ちではないでしょうか。

学生時代に秀でた成績を残された方であれば、仕事についてのちょっとした考え方の切り替えにより、ビジネスマンとしても大きく飛躍することが可能であるはずです。今回は勉強と仕事との捉え方の相違についてご紹介することにしましょう。

学生時代に優秀であった方は、日々勉強に勤しみより多くのことを学ばれたに違いありません。このためテストの多くは満点であったり、上位の成績を維持することに成功していたはずです。ところが実社会における仕事でそれがうまくできないのは、学業と仕事の処理プロセスに根本的な相違があるからに他なりません。

勉強は学ぶことが中心です。たとえば多くの情報や知識を頭につめこんだり、技術を磨いたりといったことを繰り返します。また、それがどの程度できているかがテストやレポートによって判断されるため、しっかりと勉強をしていれば当然のこと高い点数を取得することができるのです。

ところが仕事の場合は、学ぶだけでは不十分です。なぜなら、実社会で学んだ情報や知識、技術は、あくまでも仕事をするためのツールのひとつに過ぎず、必要となる仕事の成果ではないからです。

インプットよりもアウトプットが重要となる仕事

学生時代の勉強は、その多くが学ぶというインプット方向をしっかりと行うことで目的を果たすことができます。しかし実社会におけるお仕事とは、まずインプットを行い、それをツールとして、優れたアウトプットを行うことで、顧客のニーズに応えたり、困っている人を助けるといった成果を着実に残す必要があるのです。

しかし一部の人々はこれに気づきません。学生時代と同様にインプット部分のみに注目するあまり、本来の仕事の本質であるアウトプット部分がおろそかになっていることあ少なくないのです。ですから、このような問題で頭を抱えていらっしゃる方は、今後是非、如何にしたら優れたアウトプットが可能となるのかに注目して努力し、インプットで得た知識やツールを最大限に用いるように努めていただきたく思います。

もともと学生時代に優秀な成績を残された方であれば、この切り替えにさえ気づくことでしょう。この切り替えに成功すれば、どのような業態であれ、必ず頭角を現すことに成功するはずです。

さあ、それでは早速開始してみてください。これまでの遅れを取り戻す必要があります。パワフルにハイスピードで、目の前の山をかけ上っていただければと思います。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link