利用価値の高いパレートの法則を理解しよう

Sponsored Link

パレートの法則とは

パレートの法則をご存じでしょうか。パレートの法則とは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)によって提唱されたもので、ビジネスシーンでは多く用いられていることから、知っておいて損はありません。また、この法則は別名20:80の法則と呼ばれることもあります。両者は実際には異なるものですが、最近では同義として用いられることが多くなりました。

実際にこの法則が適用される例をあげて説明を進めることにしましょう。

たとえばある企業の営業部にスポットをあててみたく思います。営業部には複数の営業マンが日々売上獲得にしのぎを削っていることでしょう。しかし中には多くの売上を毎月確保する営業マンもいれば、ノルマをも達成できない営業マンもいるはずです。つうまり売上は営業マンによっておおきな差が生じることになります。

さて、この営業部の場合、売上の80%を20%の社員によって獲得するというおおよその傾向が生じます。業態や扱う商品によってそのパーセンテージには若干の誤差はあるものの、多くの場合がこのようなバランスに落ち着くことになるのです。

一方、たとえばある商品を流通させる企業があったとします。得意先である企業は数々ですが、その中でも20%の企業が、全体の売上の80%程度を取り引きいただくという傾向に向かいバイアスがかかることが少なくありません。

便利なツールとなりえるパレートの法則

あくまでも概算ではありますが、このようにパレートの法則は、各所で用いることで、ある程度、その後に収束するバランスを予想することができるのです。よって、たとえばあまり売上の上がらない80%の顧客や営業マンに対してさらなる販売促進を行ったり、20%の重要な顧客や営業マンに対して、さらに売上をあげるためのそれぞれの施策を講じることにより、総合的な売上を向上させることが可能となります。

パレートの法則は、さまざまな分野でも用いることができることから、高い利用価値があるといえそうです。成功を手にしようとされる方の、便利なツールのひとつとして記憶の片隅にとどめて置かれるとよいでしょう。

Sponsored Link


前ページ次ページ

Sponsored Link